株主通信にある記事の中の社長の本音は?株の初心者です。

株主通信の中の社長の本音は、最初のページの挨拶にあらわれています。

それ以上の本音といえば、その他のページの事業報告全般です。

細かく説明しましょう。

■最初のページをまず熟読玩味すること。

「株主通信にある記事の中の社長の本音」ということで言えば、最初のページにある「株主の皆様へ」といったようなタイトルの付いた挨拶文でしか、直接的に知ることはできません。

しかし一昔前の挨拶文と今とでは様子が一変しましたし、株主通信の編集も一変しました。

たとえば社長の挨拶文の近くには、当期の業績がグラフなどでわかりやすく掲載されていたり、事業計画・経営計画なども具体的に示されるようになりました。

それらが見開き構成になっていて、社長はそれらのコメントを挨拶文の中で具体的に触れています。

昔のように型どおりの挨拶で終わらせることはなくなっています。

■株主通信に記載されているのはすべて本音。

挨拶文が社長の本音かといえば、少なくても自社の事業結果や将来の思惑については本音です。

それ以外に述べようがありません。

ごく希に、私生活についてのインタビューなどを後のページで特集しているものもありますが、それが本音とも言えません。

そもそも本音の定義が曖昧です。

本音をぶちまけることが、会社や株主にとって良いことなのかという点でも疑問が残ります。

株主通信に掲載されていることは、すべて社長や社内の担当者・編集責任者の決裁を必要としますので、社長の本音が細かく散りばめられた内容になっています。

それらの記事に一切のウソはありません。

■社長の本音を気にするのは初心者だけ?

ベテランの株主であれば、あまり社長の本音など気にしないものです。

それよりは現状で起きてしまった、株価のマイナス要因について詳細な説明を求めるものです。

現状の結果と原因を株主に正しく説明し、今後の再発防止についての策やガバナンス(企業統治・管理)のあり方を示すことが優先されます。

風通しの良い伝わりやすい企業で、それが株主通信に表現されていなければ、株主に支持されないからです。

株の初心者であったとしたら、そのような解釈で株主通信と向き合ってください。

■これからは、企業を正しく理解する初心者が株主となり、企業とともに成長することが、企業の未来に向けての新しい力にもなります。

これからの企業には、ますます企業運営の透明化が求められ、グローバルな戦略性が問われる時代です。

それを理解している株主経験者や初心者が、より多く株主として成長することが、企業の新しい力にもなります。

事業のあり方や運営方法について疑問をもったり回答を求めたりするのは正しい行為ですが、社長の本音となると投資先の企業も返答に困るでしょう。

そんなことより、事業の結果、これからの道筋を見守ることのほうが大事です。

株取引で送られてくる株主向けの「事業報告書」は?

株主向けの事業報告書は、保有年数の長い株主経験者にも初心者にも送られてきます。

現状と未来を知ることのできるツールなので隅々まで読みましょう。

ポイントを示します。

■現状の成績と今後の未来計画を知る。

株取引で決算期ごとに送られてくる株主向けの「事業報告書」は、別名「株主通信」などとも呼ばれています。

これはどういうものかというと、企業が株主から預かった資金をもとに、どのような事業展開をし、どんな結果をもたらしたかという報告書です。

同時に企業の今後の取り組みについて、5カ年計画などで詳しく述べている報告書もあります。

株主である投資家が、唯一自宅に居ながらにして企業からの報告を受け取れるツールです、最近ではネット環境が整っているので、郵送ではなくネット上でPDFファイルの報告書をいつでも閲覧できるようになっています。

■参考にしなければいけない必読ツール。

株主である企業や、これから投資をしてみようかという会社に対して、もっとも詳しく全体像を把握できるのがこの報告書です。

「参考にできるか」というよりは参考にしなければいけないツールです。

参考にすべきポイントは3つあります。

1つは「今期・当該期の実績(売上げ・経常利益・推移)、営業利益、1株あたりの株主資本利益率など」です。

グラフで一覧できるので把握しやすいです。

2つめは「財務諸表・貸借対照表」、3つめが「経営計画(5カ年計画など)」です。

1と2は現状の報告、3は未来に対する取り組みの予告です。

財務諸表は数字が並んでいるだけで読み取りはむずかしいですが、かならず損益の解説が付記されていますので、目を通してください。

原因がわかります。

■株価の上がり下がりに一喜一憂しない。

企業の業績が悪くなると株価は下がり、配当利回りが低く設定されたり、配当そのものが無くなったりします。

しかしあまり気にしないでください。

当期の業績は、企業を取り巻く状況によって上下しますので、短期的・短絡的な見方で株を売却してしまうのはよくありません。

とくに株の初心者のあいだは、最低でも1年以上は保有して、会社の成り行きや株価の連動を勉強しましょう。

理想的には3年、5年と保有して、企業の成長に寄与するような個人投資家になって欲しいものです。

そのために読んで欲しいのが「5カ年計画」など、企業の今後に向けてのビジョンです。

■社長の挨拶文などからも、企業の将来に向けての意気込みが読み取れます。

初心者はとくにじっくりと読込んで、理解を深めましょう。

社会情勢が世界的に複雑で、なおかつグローバル企業、多国籍企業が増えています。

株価は乱高下しやすく、企業の見通しがきかない自然界の異常現象も増加。

またハゲタカファンドと忌み嫌われている投資会社の株価操作などもあります。

株価の変動に一喜一憂するのは初心者の証拠です。

社長の人柄や将来展望などをじっくり読み取って、今後に期待しましょう。

5カ年計画などから、株主としての展開予測をしてみるのも楽しいものです。

初心者は、株の配当利回りなどを気にしてはいけないのですか?

昔から欲張りは株取引に手を出すなと言われています。

とくに初心者には1つの戒めにもなっています。

なぜでしょうか、理由を考えてみましょう

■配当金が高いのには裏事情がある?

「欲張りは株取引に向いていない」、「初心者のうちから、配当利回りなどを気にしてはいけない」というのには理由があります。

配当や利回り、売買差益を気にするのは初心者でも経験者でも同じで、それを気にするのは悪いことではありません。

ただし初心者がそれを第一義にして株取引をしてしまうと、それだけで終わってしまうからです。

たとえば配当金や利回りの高い株式銘柄というのは、企業戦略の1つで「より多くの株主を集めたい、資本を増強したい」というときに使います。

または株主からの突き上げがあって、配当金を増やさなければ企業運営に支障が出ると判断し、そのような策に打って出ます。

■背景や事情をどう読み取るかがキモ。

配当金が大きいという裏には、そのような背景・事情があります。

そのような株式会社に対して、株の初心者はそれを読み切れるでしょうか。

配当利回りを気にしてはいけないという最大の理由はそこにあります。

配当金、株価、株価の変動などは背景を読み取る情報戦のようなものです。

結果から原因を探り、それが安全かどうかを判断し投資します。

その逆に、ある原因(背景の変化)を読み取って、早め早めの株式売買を仕掛けたりもします。

株の初心者はまずそのことを知り、株価に反映される道筋を頭にたたき込む必要があります。

■株取引をつまらなくしているのは初心者自身。

背景の読みもできないうちから配当金や利回り、売買の差益を気にするだけの初心者であっては、損益を出すだけで終わってしまいます。

そういう初心者に限って「株はつまらない、株は危険」などと吹聴する傾向にあります。

しかし実はつまらなくしているのも危険に陥れているのも初心者である本人自身です。

株取引の基礎は、前述のようなセオリーを身につけ、正攻法で儲けを出していくことです。

ベテランと言われる10年選手、経験者と名乗っても恥ずかしくない3年程度のトレーダーであれば、そのことは常識として知っています。

■配当里奈割りや損益を気にするのは悪いことではありませんが、初心者のうちはソレ狙いではなく、まず株取引のセオリーを習得しましょう。

世の中は原因と結果で動いています。

結果が次の原因となり、結果となります。

また株価も世の中も、海に起こる波のように、波の進達によって変化していきます。

上値がくれば下値に向かい、底値を打ったら上昇に向かいます。

株の初心者はその波に乗りきれず波間に漂ってしまう下手くそなサーファーと同じです。

背景が読めないので、仕方ありません。

配当金や利回りを気にするようなやり方ではなく、背景を読んで波の高さやスピードを読み取れるサーファーキングになりましょう。

◆参考までに→http://www.nikkei.com/article/DGXZZO7057084030042014000000/

株式の人気ランキングは、初心者でも参考になりますか?

株式の人気ランキングというサイトがあります。

秒単位で変化する株取引の世界で、それは役に立つのでしょうか。

考えてみましょう。

■初心者が頼りにしてはいけないツール。

株の人気ランキングは、参考にはなりますが、それを頼りに株式を購入することは厳禁です。

何年か株取引をした経験者であれば問題はありませんが、株の初心者は、そのようなサイトは利用しないことです。

理由は3つあります。

1つめは「株は瞬時に変化していく生き物」であって、人気ランキングで判断できるものではないからです。

2つめは、株をどのような判断で売買するかは、自分の基礎知識や経験をもとに習得していくものだからです。

3つめは、株を人気ランキングの材料にしているサイトの主宰者そのものを信用してはならないからです。

■自分で養うべき、予兆材料や知恵、判断力。

株は1秒単位で変化し乱高下する生き物です。

インターネットの即時性をもってしても、追いつく情報処理スピードではありません。

まして未来予測をして、人よりも早く売買するのが株式ですから、その変動予兆や材料、知識と知恵、判断力といったものは自分で身につけるしかないのです。

またその力が、他の人にはもっていない独自性であり、差益・儲けを拡大する秘策となります。

初心者がそれを習得して損失を最小化し、さらに黒字を出し続けるようになるまでには数年かかります。

それが株の醍醐味です。

初心者はまず自分でそれを体得しましょう。

■人気ランキングは金儲けの道具でしかない。

それを知っていて人気ランキングを主宰している運営会社などは、言ってしまえばサイトを金儲けの道具に使っているに過ぎません。

株取引にキャリアの経験者なら、人気ランキングの銘柄を見ただけでウソだと見破ることも、もはやここにある情報は古いと判断できるでしょう。

人気ランキングの活用法があるとしたら、現在の初心者がトレンド株と騒いでいるのは何か、それを知るために覗く程度です。

ネットに出ている情報は古くて株の売買の役には立ちません。

■人気ランキングの見方も活用法も参考程度に留めましょう。

株の売買材料に初心者がそれを使ってはいけません。

株取引を人気ランキングをベースで行うなら、賭け事を知らないギャンブラーと同じです。

下落傾向にある株を、上昇機運にあると判断して大量に買い付けるとか、ありもしないガセネタを読んでその気にさせられるなど、いい餌食にされてしまうのがオチです。

そもそもその程度で株にトライしてしまった初心者であるなら、「株には向いていないのでやめなさい」とアドバイスしたいです。

どうしてもと言うなら、最低でもネット証券会社が掲示している銘柄ランキングで、上下動の表示や理由・背景などが書き込まれているものを開きましょう。

事実しか掲載されていないので比較的安全です。